甲冑 鎧 兜 具足を紹介するサイト

甲冑・鎧・兜・当世具足・戦国武将フィギュアのサイト


甲冑の画像

甲冑画像 No.1

甲冑画像 No.2

甲冑画像 No.3

甲冑画像 No.4

甲冑画像 No.5

甲冑画像 No.6

甲冑画像 No.7

甲冑画像 No.8

甲冑画像 No.9

甲冑画像 No.10

甲冑画像 No.11

甲冑画像 No.12

甲冑画像 No.13

甲冑画像 No.14

甲冑画像 No.15

甲冑画像 No.16

甲冑画像 No.17

甲冑画像 No.18

甲冑画像 No.19

その他の武具、軍装品

他武具 No.1

他武具 No.2

他武具 No.3

他武具 No.4

他武具 No.5

他武具 No.6

他武具 No.7

他武具 No.8

他武具 No.9

足軽シリーズ

足軽胴 No.1

足軽胴 No.2

甲冑の知識

具足構成

用語辞典

甲冑紀行

展示情報

書籍紹介

甲冑の話題

武将フィギュア

甲冑随想

リンク集



甲冑 鎧 兜 具足を紹介するサイト

〜 具足櫓 〜

甲冑・鎧・兜・具足・
戦国武将フィギュアのページ

本ページの文章・画像を許可なく
転載・複製・引用・加工する
ことは一切禁止いたします。

© All rights reserved.


ここでは当世具足の基本的な構成と用語をご紹介致します。
文字によっては漢字変換出来ない物も有りましたので、その部分はカタカナ表記としてあります。

※用語解説に際しまして、下記書籍から文章を一部引用させて頂きました。

 「図録 日本の甲冑武具事典」(柏書房:笹間良彦氏 著)

許可なく画像・文章を転載、複製、引用、加工する事は禁止します。




甲冑 鎧 兜 当世具足 画像・正面  甲冑 鎧 兜 当世具足 画像・側面


名  称 解  説
@:兜鉢(かぶとばち) 頭を守る部分で、シコロとともに「兜(かぶと)」を構成(こうせい)します。
作成方法により様々な種類が有ります。
当世具足に付属(ふぞく)するものを特に「当世兜(とうせいかぶと)」と言う場合もあります。
A:吹返(ふきかえし) 元々、シコロの両側が外方に反(そ)った物でしたが、後には鉢付板の折返しのみとなりました。
B:シコロ 首を守る部分のことで、兜鉢とともに「兜(かぶと)」を構成(こうせい)します。
形状により様々な種類が有ります。
当世具足に付属(ふぞく)するものを特に「当世ジコロ(とうせいじころ)」と言う場合もあります。
C:立物(たてもの) 兜に付ける装飾(そうしょく)で、「験金(しるしがね)」とも言います。
兜の前方に付ける物を「前立(まえだて)」、両脇に付ける物を「脇立(わきだて)」、後方に付ける物を「後立(うしろだて)」、頭上に付ける物を「頭立(ずだて)」と呼んでいます。
D:面具(めんぐ) 顔を防御(ぼうぎょ)する物で、半首面頬が有ります。
E:垂(すが) 「須賀(すが)」「下(さ)げ」「たれ」とも言います。
面具の顎(あご)下に付いて喉(のど)から胸元(むなもと)までを防御します。
喉(のど)や胸元(むなもと)を護(まも)る防具には他に喉輪曲輪などが有ります。
F:胴(どう) 体を防御(ぼうぎょ)する物です。
通常、揺絲で連結された、あるいは腰韋附草摺を伴(とも)ないます。
作成方法により様々な種類が有ります。
G:揺絲(ゆるぎのいと) 鎧の草摺をつなぐ威糸の事です。
室町時代末期頃からこの部分の威糸は長くなり、草摺が自由に動くようになりました。
しかしその分無防御(むぼうぎょ)となったので、糸の下に鎖(くさり)を敷(し)いた物もあります。
H:草摺(くさずり) 当世具足では「下散(げさん)」とも言い、腰から上脚部(じょうきゃくぶ)を防御(ぼうぎょ)します。
通常は揺絲を使ってに接続されますが、腰韋附と呼ばれる形式もあります。
一片を一間(いっけん)と言い、当世具足では七間、大鎧では四間の場合が普通です。
I:佩楯(はいだて) 「膝鎧(ひざよろい)」とも言い、大腿部(だいたいぶ)を防御(ぼうぎょ)します。
形状により様々な種類が有ります。
家地の部分に鞭差穴と呼ばれる切込(きりこ)みが開いている場合が有ります。
J:臑当(すねあて) 下肢部(かしぶ)を防御(ぼうぎょ)します。
形状により様々な種類が有り、内側下方にホ具摺が付く場合も有ります。
K:袖(そで) 古くは「肩鎧(かたよろい)」とも言い、二の腕を防御(ぼうぎょ)します。
左右をそれぞれ「射向の袖」、「馬手の袖」と呼びます。
また、形状により様々な種類が有ります。
当世具足に付属(ふぞく)するものを特に「当世袖(とうせいそで)」と言う場合もあります。
L:籠手(こて) 二の腕小手・手の甲(こう)までを防御(ぼうぎょ)します。
形状により様々な種類が有ります。
M:指物(さしもの) 「差物」「挿物」とも表記します。
個人や部隊を識別(しきべつ)する目的で、通常はの背中にさして使われました。
作り物や四半四方撓いなどの旗(はた)が用(もち)いられ、番指物自身指物などがあるので種類が沢山あります。
旗(はた)の場合、竿(さお)を左側にした面が表(おもて)になります。
「旗差物(はたさしもの)」とも言います。
N:合当理(がったり) 当世具足には欠かせない物で、指物を挿入する受筒の上部を支える部品のことを言います。
受筒の差込口(さしこみぐち)が四角い形状のものを「角合当理(かくがったり)」、丸い形状ものを「丸合当理(まるがったり)」と呼びます。
そのほか姜合当理板合当理と呼ばれるものも有ります。
O:受筒(うけづつ) 指物を挿入する筒です。
筒には四角と丸の形式があるほか、指物を二本同時にさす「二本指物(にほんさしもの)」用に二股(ふたまた)に分かれた物なども有ります。
P:待受(まちうけ) 指物を挿入する受筒の下部を差し込み、に固定するための小さなキャップ状の部品です。
釘(くぎ)を使ってに直接固定するもの、骸持と一緒に紐(ひも)で結び留めるもの、または骸持だけを使う場合などが有ります。
Q:鎧櫃(よろいびつ) 甲冑を保管したり運んだりする時に使われる箱です。
箱の正面に「前」の文字が書かれていることが多いのですが、これは櫃(ひつ)の正面を表すためではなく、九字の最後の文字で、魔除(まよ)けの意味が込められています。
「具足櫃(ぐそくびつ)」とも言います。





当世具足


室町時代末期以降、それまでの個人戦から集団戦へと戦闘方法が変化したり、槍や鉄砲などの武器が多く用いられるようになると、従来の胴丸腹巻の形式をさらに実践(じっせん)的・合理(ごうり)的に改良させた新しい形式の甲冑が誕生しました。
この新しい甲冑を当時の人たちが、それ以前の甲冑と比べると「当世的(=現代風)な甲冑」と言う意味で「当世具足(とうせいぐそく)」と呼び、これがそのまま名称となりました。
従って、当世具足以前の大鎧胴丸腹巻などは「昔具足(むかしぐそく)」と呼ばれます。

当世具足に見られるそれまでの甲冑との主な相違点(そういてん)は、

 @:より隙間(すきま)無く体を防御(ぼうぎょ)するようになった。
 A:小具足が充実した。
 B:騎馬(きば)・徒歩(とほ)いずれの場合にも関係なく使用できるようになった。
 C:軽量(けいりょう)で動きやすい事がより重要になった。
 D:材料に板物が使用されるようになった。
 E:毛引威が少なくなった。
 F:二枚胴の形式が基本となった。
 G:が小型化、或いは省略された。
 H:の背に合当理待受が付けられた。
 I:材料や様式に外国の影響を受けたものが現れた。

などが挙げられます。

しかし何と言っても一番の特徴は、兜・立物などの各部分に見られる、自由で優(すぐ)れた意匠(いしょう=デザイン)と、その種類・様式の豊富さではないでしょうか。



上へ戻る


| 甲冑画像No.1 | 甲冑画像No.2 | 甲冑画像No.3 | 甲冑画像No.4 | 甲冑画像No.5 |
| 甲冑画像No.6 | 甲冑画像No.7 | 甲冑画像No.8 | 甲冑画像No.9 | 甲冑画像No.10 |
| 甲冑画像No.11 | 甲冑画像No.12 | 甲冑画像No.13 | 甲冑画像No.14 | 甲冑画像No.15 |
| 甲冑画像No.16 | 甲冑画像No.17 | 甲冑画像No.18 | 甲冑画像No.19 |
| 他武具No.1 | 他武具No.2 | 他武具No.3 | 他武具No.4 | 他武具No.5 |
| 他武具No.6 | 他武具No.7 | 他武具No.8 | 他武具No.9 |
| 足軽胴 No.1 | 足軽胴 No.2 |
| 具足構成 | 用語辞典 | 甲冑紀行 | 展示情報 | 書籍紹介 | 武将フィギュア |
| 甲冑随想 | リンク集 |

甲冑 TOPページへ


© All rights reserved.